定年後も働くシステムエンジニアのやりがい

定年が間近に迫ってると、職場を退職後に何をすべきか想像が膨らみます。世界一周旅行に出かけたり、あるいは一日中趣味に没頭するといった計画が立てられます。しかしいざ退職してみると、何をすべきか分からない人が多くを占めます。

長年に渡り働いてきた仕事の習慣は、簡単に辞められるものではありません。結局のところ、労働者として働き続けた方が気が楽といった場合が多いのが実情です。そこで、定年後のやりがいを得るため、働き続けるという選択肢があります。システムエンジニアであれば、たとえ定年を迎えたとしても働き口はすぐに見つけられるでしょう。ベテランのエンジニアは必要としている職場が多く存在します。

退職後に新たな職場を見つけ仕事を始めてみると、まだまだ人材として必要とされている実感が得られます。技術者それぞれの退職後の生き方にはやりがいに違いがあります。一人で自由に時間を使える気ままな毎日も確かに魅力的です。しかし、システムエンジニア同士が互いに知恵を出し合いながら、難しい技術開発に取り組むことにもやりがいがあるでしょう。

退職後にどのような道に進むかは、もちろん本人の自由です。しかし、システムエンジニアとして働き続ける道もある事を念頭に入れておけば選択肢が増え、ずいぶんと気が楽になるでしょう。もしこれ以上仕事をせず、退職して趣味の時間が欲しいというのであればいつでも辞められます。その前に、必要とされているのを感じながら、実力を活かして働ける喜びを経験するのも有意義です。さまざまな人生設計を組むことができるようにするためにも、35才あたりを目処にして備えをしておく必要があります。キャリアの棚卸し、そして備えを行う場合に助けとなる情報を共有しておきます。ぜひご参考に⇒「こちら」からシステムエンジア35年説の話も見ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です